思い切って二重まぶたにするメリット【自分に自信が持てる】

理想の瞼は簡単に手に入る

顔に触れる女性

素敵な瞼を手に入れる為に

二重の整形手術は、メスを入れる方法とメスを入れない方法の2種類があります。メスを入れる方法を切開法と言い、メスを入れない方を埋没法と呼んでいます。埋没法は、髪の毛よりも細い糸を使用して、瞼の前面と背面を止めていきます。1箇所を止める方法から、4箇所程を止める方法までいくつか選択ができます。勿論、沢山止めた方が自分が思った通りの二重に近づきます。一般的に多くの人が行なっていると言われている2点を止める方法で値段は12000円から10万ほどで、4点を止める場合は倍近くの値段になりますので、クリニックの先生と相談しながら行うと良いでしょう。埋没法は、メスを使わないため、何度でもやり直す事が出来る事と、手術自体も15分程度で終わるため手軽に出来る事が特徴です。切開法は、メスを使って瞼付近の脂肪を取り除き、二重にしたい箇所を糸で縫う方法です。縫った糸は1週間後などに抜糸をするため、体の中に跡が残る事はなく、半永久的に二重にできる事が特徴です。値段は13万円から30万円ほどが相場となっています。二重の手術を受けるに当たり、術後しっかりとダウンタイムを置くということもとても大切です。ダウンタイムというのは、手術してから回復するまでの時間を指します。切開法だと1週間程のダウンタイムを、埋没法だと3日程のダウンタイムを少なくとも見るようにしましょう。二重の手術は埋没法でも切開法でもすぐにできる為とても簡単な手術です。とはいえ、麻酔をかけて手術を行うため、術後アイシングをして安静にしてあげる事は欠かせません。その為、ダウンタイムの時間をしっかりととってあげる事が身体のためにも大切な事なのです。この間は、コンタクトや洗顔、アイメイクなどは控えて瞼の周りはなるべく触らないようにする事が大切です。綺麗な二重瞼を作り、半永続的に持たせるためにも、術後のケアを怠らないようにしましょう。また、手術前はなるべくむくみを取り、塩分やお酒を控えるようにしておきましょう。顔がむくんでいると、二重のイメージがお医者様に伝わりづらかったり、術後のイメージが異なってしまったりという事が起こりますので、身体を締め付ける服装もなるべく控え、お風呂にしっかり入ってむくみ対策をしておきましょう。

Copyright© 2019 思い切って二重まぶたにするメリット【自分に自信が持てる】 All Rights Reserved.